ヘアケアクリニック六本木院

ヘアケアクリニック六本木院

AGA治療

安心な価格設定

継続できる
AGA治療

発毛実感率97.5%

AGAとは

AGAとはAndrogentic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。
思春期以降、急激に増える男性ホルモンの変化の影響により、前頭部から頭頂部にかけての髪が細く薄毛化する症状です。前頭部・頭頂部のいずれかが薄くなる場合もあれば、両方同時に症状が出る場合もあり、その進行度スピードは人によって様々です。

AGAの
進行モデルパターン

step 1

脱毛が始まっていない状態

脱毛が
始まっていない状態

step 2

生え際から進行し始めた状態

生え際から
進行し始めた状態

step 3

生え際から頭頂部にかけて進行した状態

生え際から頭頂部にかけて
進行した状態

step 4

頭頂部がO型に進行してきた状態

頭頂部がO型に
進行してきた状態

step 5

頭頂部がさらに薄くなった状態

頭頂部がさらに
薄くなった状態

step 6

全体的にかなり進行している状態

全体的にかなり
進行している状態

なぜAGAになるの??

AGAは遺伝などの要因により男性ホルモンの変化が毛根に働きかけ、正常な髪の生え変わりリズム(毛周期・ヘアサイクル)を営めなくなるため症状を発します。

毛周期(ヘアサイクル)

通常の毛周期

通常の毛周期

AGAの毛周期

AGAの毛周期

毛周期(ヘアサイクル)とは、毛髪を生成する毛乳頭細胞が最も盛んに活動して、太く長く毛髪が成長している状態の「成長期」(2~6年間程度)と、毛乳頭細胞が毛根の深い部分に退縮して毛髪の伸長活動が低下する「退行期」(2週間程度)、そして毛乳頭細胞が活動を止め成長を終えた毛髪が脱落の準備に入る「休止期」(3~4か月程度)という3つの期を繰り返し過ごす頭髪の生え変わりサイクルの事です。

このヘアサイクルが乱れ成長期が短縮すると、毛髪はしっかりと太くなる前に成長を終え生え変わってしまいます。このいわゆる毛髪のミニチュア化が薄毛の状態を作る、これこそがAGAなのです。また、人間の毛髪はこの毛周期を40~50サイクル営んだ後、その細胞分裂を止めるとも言われています。

AGAかも?と思ったら

最近の頭皮の状態や普段の生活習慣でこんな事あてはまりませんか?
当てはまる項目が多いほど、AGAの可能性が高いかもしれませんので、お気軽にご相談ください。

  • 産毛のような細く短い髪が多くなった。
  • 以前に比べて抜け毛が増えた。
  • 家族または親族に薄毛の人がいる。
  • 額の生え際が後退してきたと感じる。
  • 頭頂部の地肌が透けて見える様になってきた。
  • 同世代より髪が薄いと感じる。
  • 頭皮が脂っぽくベタベタしている。
  • 脂肪分の多い食事が多い。
  • タバコを吸う。

AGA治療方法

治療方法

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンが毛乳頭細胞を攻撃していることが原因とされています。
DHTは毛母細胞の働きを妨げることで髪の成長を止め、細く弱い弱毛(じゃくもう)と呼ばれる髪を生み出します。
弱毛はしっかりと成長する前に抜けてしまうのでAGAがどんどん進行していきます。
一方、有効成分のAGA治療薬を飲む・成長因子を投与することで、DHTを増やす酵素(5αリダクターゼ)を抑制し、DHT自体の発生を抑えます。DHTの発生が抑えられることで当然弱毛が生まれにくくなりますので、太く、しっかりとした髪の毛が増えAGAの進行をSTOPさせることができるのです。

AGAの原因

PAGETOP