ヘアケアクリニック六本木院

ヘアケアクリニック六本木院

ボトックス

表情シワ・ほうれい線

さようなら

1単位800円

ボトックスビスタ®とは

表情じわの原因となる表情筋の緊張を和らげて、
眉間や目尻などのしわを目立たなくします。

成分

ボトックスビスタ®の成分は、天然のたんぱく質。
ボツリヌス菌からつくられますが、製剤の有効成分は菌でないため、体内で増殖することはありません。
1970年代にアメリカで導入されて以来、病気の治療に広く採用され、現在では世界98カ国の医療現場で使われています。
※2017年12月現在

治療の方法

治療の方法

顔の表情筋に、少量のボトックスビスタ®をごく細い針で注射します。
治療のかかる時間はわずか10分程度。
また、手術などどは違い、基本的には麻酔も不要で、通院や入院も必要ありません。
治療当日からすぐに普段どおりの生活ができます。
※治療時間には個人差があります。

厚生労働省承認

ボトックスビスタ®は日本で唯一、厚生労働省が承認したボツリヌス治療製剤です。
日本の基準での有効性、安全性が評価され、厳しく品質管理されています。
また、ボトックスビスタ®による治療を行うことができるのは、所定の講習を受け、認定された医師のみです。

治療の流れ

STEP
01
気になるしわの治療について、
クリニックに相談する
STEP
02
診断・治療の説明を受ける
STEP
03
注射をする
STEP
04
帰宅後、いつもどおりの生活

ボトックスビスタ®の効果

一般的に、治療の2〜3日後から徐々に効果を感じられるようになります。
そして、個人差はありますが、通常3〜4ヵ月くらい効果が持続。

時間が経って、注入したボツリヌスがなくなると、治療の効果はだんだんと薄れて元の状態に戻ります。
治療によって治療前よりも、しわがひどくなることはありません。

より効果的な表情じわ治療

ポイント1

治療を受けてから3〜4ヵ月経つと、表情筋がリラックスした状態から、しわが刻まれやすい治療前の状態に戻ります。
そこで治療をやめず、3〜4ヵ月ごとに継続すれば、若々しい印象を保つことにつながります。

ポイント2

お顔の筋肉や皮膚は、すべてにつながっています。
だから、「ここが気になる」という表情じわだけをピンポイントで治療するよりも、お顔全体を立体的に捉え、複数の部位に働きかけることが、より自然にしわを目立たせなくする理想的な方法です。

ポイント3

表情じわは、声を出して笑った瞬間やスマートフォンに集中しているときなど、意外と本人は気付きにくいもの。
深いしわに定着してしまう前に、早めの治療が有効です。

治療前・治療後に
注意すること

以下に当てはまる方は、治療前に医師に必ずお伝えください。

治療前に注意すること

  • 全身性の筋肉の病気(筋萎縮性側索硬化症[ALS]、重症筋無力症、ランバード・イートン症候群など)にかかっている方
  • 妊娠または妊娠している可能性のある方、および授乳中の方
    ※妊婦、授妊婦に対する安全性は確立していないため、治療を受けることができません。
  • 妊娠する可能性のある方
    ※ボトックスビスタ®の投与中、および最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。
    男性は少なくとも3ヵ月避妊してください。
  • 過去にボツリヌス治療を受けてアレルギーを経験した方
  • 使用中の薬剤がある方(特に抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤など)
  • 喘息などの慢性的な呼吸器疾患や緑内障のある方
  • 他の医療施設にてボツリヌス製剤で治療を受けている方
    治療対象疾患および投与日・投与量を必ずお申し出ください。

治療後に注意すること

治療後は以下の点に気をつけてください。
副作用が気になる場合は、医師にご相談ください。

  • 注射当日の洗顔は問題ありませんが、注射部位を揉んだり、強くこすったりしないでください。
  • 治療から約2週間後に、医療施設で治療硬化のチェックを受けてください。
    また、何らかの異常が現れた場合には、直ちに医師にご連絡ください。
  • 注射部位に内出血を起こすことがあります。
  • 副作用が現れることがあります。
    頭痛、まぶたが下がる(眼瞼下垂:がんけんかすい)、
    注射部位の局所的な痛み、顔の痛み・赤み、筋肉の部分的な脱力。
    注射部位周辺の腫れ・あざ、皮膚のつっぱり、無感覚、チクチクする感じ、吐き気などが報告されています。

PAGETOP